トイレのつまり予防策

トイレのつまりが起こらないように、日頃からつまらないように使用することが大切です。経年劣化によるトイレのつまりは対応は難しいですが、突発的なつまりは防ぐことができます。

まず、大量のトイレットペーパーを流さないようにすることが最も大切です。水に溶けるからと言って、大量に流してしまうとやはりつまりの原因になりますので、覚えておくようにしましょう。また、ティッシュペーパーは流してもよいと考えている人も多くおられますが、やはり溶けない性質を持っていますので、つまりやすくなりますので注意しましょう。流せるという商品であっても、トイレには流さないことがトイレつまりの対策になります。流せるトイレクリーナーや流せるお尻拭き、流せるペットの砂等であっても、できるだけ便器内には流さない努力をしましょう。もちろん流せると書いてある商品は流すことができて大変便利ですが、多く流してしまったり、排水管がつまりやすい状況にある場合はやはりつまりの原因になってしまう可能性があります。トイレはゴミ箱ではないという認識をすることが大切です。また、小さなお子さんがいる家庭では、トイレ内に小さな飾り物等は置かないようにすることも大切です。

トイレのつまり直し方

トイレつまりが突発的な原因である場合には、ご自身で直すことができる可能性があります。誰もが最初に使用するスッポン(ラバーカップ)で吸い出したり、バケツで一気にお水を流したり、お湯やお湯に重曹を加えたものを便器に溜めて、しばらく置いておく等のつまり解消法があります。

スッポンや通貫器具を用いた解消法は、道具がどこでも手に入りますのでご家庭でもすぐにできる手段です。通貫器具はスッポンに比べて少し高めですので、正しく使用して無駄に壊さないようにしましょう。ペーパーや排泄物によるつまりに有効なのはお湯を使った方法であり、おもちゃや何か大きな物がつまった場合には、スッポンを試しても無理だった場合、勢い良く水を流す方法が有効とされています。ただし、流れが解消しない場合は水位が増えますのでオーバーフローに注意して行ってください。

自分で直した方が費用もかからず手っ取り早いと、無理をしてでも流そうとされることがありますが、つまりの状態を悪化させ、結果的に大掛かりな修理工事が必要になる危険性もありますので、早い段階で無理だと判断した場合には、速やかにプロである水回り業者にまずは相談だけでもよいので、お問合せをするようにしましょう。

トイレのつまりの原因

家の中で水回りは毎日使用する場ですので、トラブルは頻繁に起こる箇所になりますが、その中でも、特にトイレのつまりは最も多い水回りトラブルとされています。トイレのつまりの原因としては、主に大量のトイレットペーパーや排泄物のつまり、ティッシュペーパーやお尻拭き等、水に溶けない物を流すことによるつまり、極端な節水により流す水が少ない為におこるつまり、長年にわたって汚れがこびりついた為に起こるつまりが想定されます。

トイレの配管は細い為、水に流してよいとされているトイレットペーパーやトイレ用クリーナーでも、大量に流せばつまりの原因になってしまいます。また、本来流してはいけない物を流すことでも、運良く流れることもありますが、つまりの原因になってしまいます。ティッシュペーパーやお尻拭き、あるいは子供のおもちゃや携帯電話等、便器に落としてしまうことでつまりの原因になることがあります。また、タンク内にペットボトルを入れている場合には、水が少なすぎて排泄物がきちんと流れず、つまってしまうことがあります。上記のトイレのつまりの原因は突発的なケースの為、ご自身でラバーカップ等を利用して流れる可能性もあります。ただし、排水管のつまりの場合は、長年使用することによって起こりますので、積年のつまりの為、業者に依頼しないと解消しない症状の重いケースである可能性が高いです。どちらにせよ、判断が難しい場合には、プロの業者に依頼することをお勧めします。