トイレのつまりの原因

家の中で水回りは毎日使用する場ですので、トラブルは頻繁に起こる箇所になりますが、その中でも、特にトイレのつまりは最も多い水回りトラブルとされています。トイレのつまりの原因としては、主に大量のトイレットペーパーや排泄物のつまり、ティッシュペーパーやお尻拭き等、水に溶けない物を流すことによるつまり、極端な節水により流す水が少ない為におこるつまり、長年にわたって汚れがこびりついた為に起こるつまりが想定されます。

トイレの配管は細い為、水に流してよいとされているトイレットペーパーやトイレ用クリーナーでも、大量に流せばつまりの原因になってしまいます。また、本来流してはいけない物を流すことでも、運良く流れることもありますが、つまりの原因になってしまいます。ティッシュペーパーやお尻拭き、あるいは子供のおもちゃや携帯電話等、便器に落としてしまうことでつまりの原因になることがあります。また、タンク内にペットボトルを入れている場合には、水が少なすぎて排泄物がきちんと流れず、つまってしまうことがあります。上記のトイレのつまりの原因は突発的なケースの為、ご自身でラバーカップ等を利用して流れる可能性もあります。ただし、排水管のつまりの場合は、長年使用することによって起こりますので、積年のつまりの為、業者に依頼しないと解消しない症状の重いケースである可能性が高いです。どちらにせよ、判断が難しい場合には、プロの業者に依頼することをお勧めします。