トイレのつまり予防策

トイレのつまりが起こらないように、日頃からつまらないように使用することが大切です。経年劣化によるトイレのつまりは対応は難しいですが、突発的なつまりは防ぐことができます。

まず、大量のトイレットペーパーを流さないようにすることが最も大切です。水に溶けるからと言って、大量に流してしまうとやはりつまりの原因になりますので、覚えておくようにしましょう。また、ティッシュペーパーは流してもよいと考えている人も多くおられますが、やはり溶けない性質を持っていますので、つまりやすくなりますので注意しましょう。流せるという商品であっても、トイレには流さないことがトイレつまりの対策になります。流せるトイレクリーナーや流せるお尻拭き、流せるペットの砂等であっても、できるだけ便器内には流さない努力をしましょう。もちろん流せると書いてある商品は流すことができて大変便利ですが、多く流してしまったり、排水管がつまりやすい状況にある場合はやはりつまりの原因になってしまう可能性があります。トイレはゴミ箱ではないという認識をすることが大切です。また、小さなお子さんがいる家庭では、トイレ内に小さな飾り物等は置かないようにすることも大切です。